The Big Draw 2016 at Rijksmuseum, Amsterdam

img_0288 img_0289img_0285img_0291 img_0290  img_0286  img_0284 img_0283 img_0282

The Big draw is the world biggest drawing festival. Also in the Netherlands every year around this period many drawing events are being held at many places.

This time we went to the Rijksmuseum. Amazing to see so many people drawing in the big atrium! It was fully full so we moved to the small atelier “ Picknick” where we could draw all kind of old objects such as bones, shells and stones
Everyone got their own nice sketchbook and pencils. Can you believe that this is a workshop for free!
Our  eldest son found the objects there are a bit difficult to draw and stopped. Then the instructor gave him the kind tip to look at the main lines of structure of each objects. He started to draw again easily.  Our youngest was also at first a bit hesitating to draw the weird looking objects but once he started to draw, he became obsessed to draw many objects. We also enjoyed looking at the other people drawing. I’m looking forward this season next year too.
週末にライクスミュージアムで、The Big Drawのイベントに参加してきました。The Big Drawは、イギリス発、世界最大のドローイングイベントです。毎年、この時期になると、世界各国、そしてオランダでもいろいろな土地でワークショップが開催されます。私たちは去年と同じく、(去年の記事はこちら。)ライクスミュージアムに行ってきました。

入り口に入ると、アトリウムには、剥製のどうぶつがたくさん配置されています。あそこにとらが!シロクマも!そしてイーゼルにむかって、どうぶつをもくもくと描いている老若男女の方々。

どうぶつを描きにきた私たちですが、残念ながら人が多すぎたのであきらめ、奥の小さなアトリエpicknickへ。この部屋には、どうぶつや海のいきものの化石がおいてあり、それを、虫眼鏡でみて観察しながら、絵を描いてみるというワークショップ。ちょっとハードル高そうに見えて、我が子供達は、難しい!と最初は言っていたものの、インストラクターの方に、どのポイント、どのラインからみれば、描きやすいか、を聞いてからは気がラクになったのか、真剣にオブジェクトを観察しつつ、絵を描いていました。母の私が一番忍耐力なく、それほど描かなかったものの、他の人が描いた絵をみるのを楽しみました。太い線、細い線、ぐちゃぐちゃな線、繊細な線、ひいてみたもの、近くによってみたもの。。。同じものをみているのに、人ってどうしてこんなに、違う見方、表現をするのだろう、と。

また、来年もThe Big Drawの季節がくるのが楽しみです。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *